TOP > ダイエット

ダイエット レシピ詳細

脳の活性化に「白菜とかにかまのしょうがじょうゆあえ」

脳の活性化に「白菜とかにかまのしょうがじょうゆあえ」

かにかまに含まれるDHAが脳細胞を活性化し、白菜やえのきに含まれる食物繊維が便秘を予防・改善し、えのきに含まれる鉄分や葉酸が貧血を予防すると言われています。低カロリーの一品です。

所要時間:約15
QRコード
携帯表示QRコード
1人分のカロリー:約79kcal
【材料(2人分)】
 白菜 大2枚(200g)
 えのき(石づきを取りほぐす) 1パック(100g)
 かに風味かまぼこ(ぶつ切り) 6本(60g)
 (A)
 ・しょうがのすりおろし 大1
 ・しょうゆ 大1
 削り節 1袋(5g)
作り方
  1. (1)白菜は葉と芯に分け、葉はざく切りにし、芯は食べやすい大きさに切る。
  2. (2)鍋に湯を沸かし、(1)の芯をゆで、ゆで上がりに(1)の葉とえのきを加えてゆで、全て一緒に引き上げて水気を切る。
  3. (3)ボウルに(2)とかにかまを入れて合わせ、合わせた(A)を加えてさっくりとあえ、器に盛りつけて削り節をかける。
ワンポイント ●葉と芯は分けて、ゆでる時間を調整してください。
印刷用画面へ 携帯で見る
ユーザーコメント コメントする
みんなのオススメ度 0 (0人)
 このレシピにはまだコメントがありません。

新規検索