TOP > ダイエット

ダイエット レシピ詳細

元気はつらつ「紅白長いものそぼろ寿司」

元気はつらつ「紅白長いものそぼろ寿司」

長いもに含まれる粘り成分ムチンが胃の粘膜を保護し、たんぱく質の消化吸収を促し滋養強壮や疲労回復に効果があると言われています。ビタミンCやカルシウムを豊富に含む春野菜の菜の花が春の訪れを感じさせる一品です。

所要時間:約40
QRコード
携帯表示QRコード
1人分のカロリー:約472kcal
【材料(2合分)】
 長いも(皮をむき5mm角に切る) 200g
 米 2合
 (A)
 ・酢 大1?3
 ・砂糖 大1
 ・塩 ひとつまみ
 赤色粉 少々
 (B)
 ・酒 大2
 ・しょうゆ 大2
 ・砂糖 大2
 ひき肉 200g
 しょうが汁 大1
 塩 少々
 菜の花(茎と花に分ける) 1/2束
作り方
  1. 米を炊飯器で普通に炊く。
  2. (A)を混ぜ合わせて半分に分け、片方に赤色粉を入れて混ぜ合わせ、2色の甘酢を作る。長いもを半分に分けて各々の甘酢に漬け、紅白長いもにする。
  3. 小鍋に(B)を入れて混ぜ合わせ、ひき肉を入れてポロポロになるように炒り煮にし、最後にしょうが汁を加える。
  4. 鍋に湯を沸かして塩を入れ、菜の花を茎からゆで、花の部分も入れてゆで、冷水にとる。
  5. ご飯に(3)のそぼろ肉を混ぜ、(4)の菜の花の茎も混ぜ込む。
  6. 牛乳パックをよく洗って乾かし、縦に4等分に切って皿にのせ、角2つを引っ張りひし形にして型を作り、(5)を詰めて(2)の汁を切った紅白長いもと(3)の菜の花の花の部分を飾り、型を取る。
ワンポイント 長いもはすりおろしたり、千切りにしたりすることが多いですが、さいの目に切って色をつけると、あられのようになって、目先が変わりますね。型をとらずにそのまま大皿に盛っても豪華です。
印刷用画面へ 携帯で見る
ユーザーコメント コメントする
みんなのオススメ度 0 (0人)
 このレシピにはまだコメントがありません。

新規検索