主婦ばんざい!すてきな暮らしをしているあのカリスマ主婦に、楽しい毎日の秘訣を聞いちゃおう!

Bienvenue chez nous!

Bienvenue chez nous!へ

Bienvenue chez nous!

愛知県在住。今春、中・小学校を卒業したA太くん・B子ちゃん、AB夫さんとの4人家族。昨年のレシピ本出版に続き、『すぐに作ってあげたいときのレシピ』(主婦と生活社)を3月に発売したばかり!

当初はブログでストレス発散しようかと思っていました(笑)

3年ほど前まで会社勤めと家事を両立する兼業主婦だったstillさんは、それまでブログについて興味も知識もなかったそうです。それがある日、「ブログって面白いよ~」という同僚のすすめでブログをスタート。何もわからないstillさんのために親切な同僚は自宅に来てすべてをセットし、"あとは書くだけ"状態にしていってくれました。

ブリ大根
おもてなしの気持ちを込めて、ナプキンやカトラリーもおしゃれにコーディネイト。まるで1枚の絵のよう!

「当初はレシピブログにする予定なんてまったくなくて、日々のグチでも書こうかしらって思っていたんです(笑)。それで、もともと料理が好きだったし、他人の料理ブログをのぞいて見たら…グチを書いてる人なんて、ひとりもいない(笑)。読んでいたらなんだか楽しそうで…」

当時stillさんは仕事と家事で忙しく、家族への料理も義務感から作っていたような時期とも重なり、閉塞感をなんとかしたいという思いもあったそう。

「他人のブログを見て、「料理ってこういう愉しみ方があるんだ」って感化されました。じゃあ私も好きな料理で書いてみようと(笑)。ネガティブなことを書くと読み手もそうだし自分まで気分が落ち込んでしまうから、どうせ書くなら前向きに好きなこと、嬉しいことを書いたほうがいいわって(笑)。そうやってブログを始めたら、改めて自分の料理好きに気付かされたんですね。そのおかげで愉しみながら料理へ取り組めるようになりましたし、生活にもハリが出てきました」

タイトルの「Bienvenue chez nous!」とは、フランス語で「ようこそ我が家へ!」という意味。コンセプトは「ブログを見に来てくださる方をお招きして、一品ずつ彩りも考えながらお出しする気持ちを込めて料理を作る」こと。器選びからクロスやマットの色選びに至る細部までstillさんの心くばりが随所に感じられるステキなテーブルコーディネイトは、このブログをいっそう魅力的にしています!

自分が愉しむことがいちばん大切!

手羽先
これがウワサのタレを使った手羽先のグリル。中までしっかり味が染み込んで、めちゃウマ!

stillさんの料理は、おいしいのはもちろん、簡単・失敗なしに作れることが重要とか。そのために試行錯誤のうえ編み出したのが"秘伝のたれ"です。ブログでも反響を呼び、このたれを活用した料理は単行本にまとめられているほど!

「家事や仕事で忙しくてちゃんと料理をしたくないときだってありますよね。そんなとき、いちいち調味料を計量せずパパっと作れたら便利でしょ?煮物や丼もの、照り焼きなどにおすすめですよ」

そのアイデア豊かなレシピを生み出す秘訣はいったいどこから?

「食いしん坊なので(笑)、食べたいと思うものを作っているだけなんです。外食や、食品売り場や本で見たものを自分の好きなようにアレンジして味付けしています」と弾むような声で語ってくれました。
今や雑誌や単行本に加え、昨年末からは料理教室を開くなど、ますます活躍の場を広げていくstillさんに、大人気ブログになるための極意を伺ったところ、「それは私も知りたいところです!でも、自分が愉しむことがいちばんじゃないかと思っています」とのこと。
なるほど。テクニックとかではなく、ほんとうに好きなことじゃないと続かないのでしょうし、愉しんでイキイキと輝きを放つ人の周りには自然と人が集まってくるのかもしれませんね。そして何より、読み手を喜ばせたいという思いやりを感じましたヨ。

「ブログを通じていろんな人たちとの出会いがあり、私のブログや本から「お料理が楽しくなりなりました~」と多くの人に言っていただき、とても嬉しく思います。言い尽くせないほどの感謝の気持ちで一杯です!」

次ページではstillさんオススメレシピ!!

カメラ使っているカメラはパナソニックLUMIX。おいしい!と思ったところでシャッターを切るのがコツ(笑)。何かを勉強したわけではないので、これからも学んでいきたいと思っています。

柑橘系の香り好きな香りをかぐとリラックスできますね。ベルガモット等の柑橘系が好きです。ガーデニングや、ケーキ作りもいい気分転換になります。

 

豆類豆類は家族が好きなんですね。煮豆は母の味と思ってて、子どもたちにもぜひ伝えたいんです。お豆はひと晩水に浸して煮るだけなので、意外と扱いやすいんですよ。

page2へ
バックナンバー一覧